紅茶専門店「シェドゥーブル」お茶の魅力

| 紅茶 | 歴史 | 産地と種類グレード美味しい淹れ方用語集

| 中国茶・台湾茶 | 歴史産地と種類美味しい淹れ方用語集

紅茶コラム

紅茶の歴史 〜 History of Black Tea

8世紀頃日本にお茶(緑茶)が伝わる。


10〜13世紀宋の時代の中国で紅茶の原型が作られる。


1610年頃オランダ東インド会社が中国茶(武夷茶)あるいは日本茶をヨーロッパに初めて伝える。


1662年イギリス国王のチャールズ2世とポルトガル王女のキャサリン・ブラガンザが結婚。
イギリスの宮廷・貴族社会に喫茶の習慣を広める。


1689年イギリスが中国福建省アモイからお茶の直輸入を開始。


1730年代イギリスにティーハウスが登場。


1773年当時イギリスの植民地であったアメリカ、ボストンにて、本国の植民地政策(茶税)への反対者がイギリス船に積んであった紅茶を港に投げ捨てる「ボストン・ティー・パーティー事件」が起きる。アメリカ独立戦争へのきっかけに。


1791年 伊勢の国(現在の三重県)の大黒屋光太夫が漂着先のロシアで女帝エカテリーナ2世に接見。茶会に招かれたと考えられている。
この事から日本紅茶協会は11月1日を「紅茶の日」と定めている。


1823年イギリス東インド会社のブルース氏が、インドのアッサム地方で中国種と異なる種類の野生の茶樹(アッサム種)を発見。


1830年イギリスのジャクソン社がアールグレイの生産を開始。


1834年当時イギリスの植民地のインドでお茶の栽培開始。


1861年インド、カルカッタでティーオークションが開始。


1840年お茶の大量輸入により対中国の貿易赤字を解消する為にイギリスはインドのアヘンを中国に輸出。これに対して清政府がアヘンを取り締まった事からアヘン戦争勃発。
イギリスの勝利により中国からのお茶の輸入は更に増大。


1840年代第7代ベッドフォード公爵夫人アンナ・マリアによりアフタヌーン・ティーの風習が始まる。


1841年ダージリン地方でキャンベル氏によりお茶の栽培が開始。


1867年高速帆船(ティークリッパー)による喜望峰周りでの新茶の輸送が盛んになる。


1869年セイロン島(現在のスリランカ)でお茶の大規模栽培開始。完全発酵茶の製法の確立と共に紅茶の大量生産が始まる。


1887年スエズ運河開通。ティークリッパーの時代の終焉。


19世紀後半日本で紅茶の初輸入


1904年イギリス国内の紅茶の需要をインド・セイロンで賄えるようになる。


1906年米国セントルイス万博でアイスティーが登場。


1908年日本にイギリスからリプトン紅茶の輸入開始。
アメリカの紅茶商人によりティーバッグの原型が発明される。

1971年日本で紅茶の輸入自由化。日本の家庭での消費量の増大。


現在イギリス人の年間一人当たりの紅茶消費量は約2.6Kgで、減少傾向にありますが、日本人は年間一人当たり約100g強で、イギリス人の約25分の1であり、緑茶やコーヒーに比べ、紅茶の消費量はまだまだ少なく、今後の拡大が期待されます。