紅茶専門店「シェドゥーブル」お茶の魅力

| 紅茶 | 歴史産地と種類グレード美味しい淹れ方用語集

| 中国茶・台湾茶 | 歴史産地と種類| 美味しい淹れ方 | 用語集

紅茶コラム

中国茶・台湾茶の美味しい淹れ方 〜  How to make a cup of Black Tea


工夫茶器でいれる


用意する道具 :
茶葉、茶壺(急須)、茶船(底が深めの皿)、
茶海(ピッチャー)、茶杯、茶則、茶杓、茶通、茶挟、茶托


1 水道水を浄水器に通したものを沸騰させます。


※水温は下記の「茶葉の分量、淹れ方の目安」図を参考にしてください。


2 温壺:茶壺にお湯を注ぎ、茶壺を温めます。



3 温杯:茶壺のお湯を茶海や茶杯などに注ぎ、温めます。

4 置茶:茶匙で適量の茶葉を茶壷に入れます。


※ 茶葉の量は下記の図を参考にしてください。
  茶壺にお湯を注ぎ、さっとお湯を流し捨てます。


5 沖茶:次のようにするとお茶がおいしくなります。


再び茶壺にお湯を注ぎ、蓋をして、上から沸騰したお湯を回しながらかけます。
茶壺の外側が乾くまで約1分蒸らし、茶葉を開かせます。
※茶葉を蒸らす時間はお茶の種類などによって異なり、
  またご自分の好みの濃度にもよりますので、調整してください。


6 倒茶:茶海のお湯を捨て、お茶を茶海に入れる。


お茶の濃度が均一になります。


7 分茶:茶杯のお湯を捨て、茶海のお茶を茶杯に注ぎ、
   香りを楽しみながらお茶を味わいます。


お茶を注ぎ入れる前に茶杯にはさっとお湯をかけて適度に温めておきます。
工夫茶器の入れ方は必ずしもこれだという入れ方はありません。いずれの場合も、茶器をよく温め、熱湯を注いだ茶壺の上からお湯をかけ、蒸らす時間を調整しながら飲むのが、おいしく飲むためのコツです。
また、蓋碗を使って、工夫茶器と同じ淹れかたで、蓋碗が茶壺の変わりに使えます。



聞香杯で香りを楽しむ

1 上記の手順で、7の分茶から、茶海から茶杯ではなく、
聞香杯にお茶を注ぎ入れます。

2 聞香杯の上に茶杯をかぶせ、こぼさないようひっくり返し、
茶托に置きます。

3 聞香杯をゆっくり引き上げて、お茶を茶杯に移します。

4  聞香杯を鼻に近づけ、中の香りを吸い込むよう嗅ぎます。
次に茶杯のお茶を味わいます。


蓋碗でいれる


蓋碗で淹れて、そのまま召し上がる場合
用意する道具:ポット、茶葉、蓋碗、茶則


1 蓋碗をお湯で温めます。

2 お湯を捨て、茶則を使って、適量な茶葉を入れます。

3 熱湯を高いところから7〜8分目ぐらい注ぎ入れ、
蓋をして茶葉を蒸らします。

4 蓋碗の蓋を取り、蓋についた香り楽しめます。

5 蓋で茶葉を抑えながら直接蓋碗で味わえます。


お湯の温度と蒸らす時間は工夫茶器と同じです。



グラスでいれる


茶葉の開く状態を見ながら楽しみたい方には最適な入れ方です。
用意する道具:耐熱グラス、茶葉、小皿、茶挟


1  グラスを熱湯で温めます。

2 熱湯を捨て、グラスに茶葉を入れます。(180ccのお湯に対し、3〜5g)

3 お湯を注ぎ入れ、蓋をして約5〜10分を蒸らします。


お茶が濃くなったら、お湯をたしてください。



美味しい淹れ方の目安

凍頂烏龍茶、高山茶:茶葉の分量は急須の4分の1から3分の1程度。
文山包種茶、普耳茶等:茶葉の分量は急須の2分の1から5分の3程度。


茶葉の分量によって、注ぐお湯の量は違います。


茶葉の分量、淹れ方の目安

※容量160ccの茶壷(急須、2〜3人用)を使用した場合。

銘柄 茶葉の分量 湯温 1煎目 2煎目 3煎目 4煎目 5煎目 6煎目
高山烏龍茶 茶葉の分量:約5g
海抜1,000m以上の山で作られ、味と香りを包み込ませる独特なお茶。濃厚な風味が口の中に広がり、ほのかな苦味の中に甘味があり、喉越しスッキリ。
約95〜
100度
1分 1分弱 1分 2分 2分 2分〜
凍頂烏龍茶 茶葉の分量:約5g
台湾を代表する銘茶。口に含んだ途端、花の香が口一杯に広がるバランスのとれた香り高いお茶。
約95〜
100度
1分 1分弱 1分半 2分 2分半 3分〜
東方美人茶
(白毫烏龍茶)
茶葉の分量:約5〜8g
台湾独自の烏龍茶。白い芽が多いほど質が良い。紅茶に近いまろやかなフルーティな芳香と蜂蜜のような甘みがある。
約85〜
90度
30秒 1分弱 1分半 2分 2分半 3分
文山包種茶 茶葉の分量:約5〜8g
比較的発酵度が低いため、緑茶に近い味わいが特徴。清らかな味と花のような香りで、喉ごしが優しく、奥深い甘味とコクがありながらもさっぱり。
約85〜
90度
30秒 1分弱 1分半 2分 3分 3分〜
鉄観音 茶葉の分量:約5g
焙煎と揉みの工程に、手間をかけた深い味わいが特徴的。濃い味わいでも苦味はなく、なれない方にも飲み易く、喉越しがスッキリしている。
約95〜
100度
30秒 1分弱 1分半 2分 3分 3分〜
茉香緑茶
ジャスミン
ティー
茶葉の分量:約5g
代表な花茶。緑茶にジャスミンの花を何度も香りづけしたお茶。まろやかさと爽やかな味の世界を醸し出し香りの持続性もある。
約95〜
100度
1分 1分弱 1分 1分 1分半 2分〜
普ソ耳茶
プーアルティー
茶葉の分量:約5g〜8g
後発酵茶で、脂肪を分解すると評判。独特な発酵香と深いコクと長時間熟成させた深い味。
約100度 1分 1分半 2分 2分半 3分 3分〜