紅茶専門店「シェドゥーブル」お茶の魅力

| 紅茶 | 歴史産地と種類グレード美味しい淹れ方用語集

| 中国茶・台湾茶 | 歴史産地と種類美味しい淹れ方 | 用語集 |

紅茶コラム

中国茶・台湾茶用語集  Oriental Tea Glossary


■ 用具

茶壺 ツァーフー
急須のこと。素焼きや陶器、ガラス製など。

茶海 ツァーハイ
「公道杯」ともいい、お茶の濃度を一定にさせるために使うピッチャーのような道具。

茶荷 ツァーホー
茶葉を見せたり、茶壺に入れる時に使う便利な道具。

刷毛 スゥアマォー
茶荷の茶くずをきれいに掃除する道具。

茶則 ツァーツェー
日本では茶さじにあたり、茶葉をすくう道具。

茶杓 ツァーシォー
茶則から茶壺へ茶葉を入れるときに、こぼれない様に茶壷へ誘導する道具。

茶漏 ツァーロゥー
茶壷に茶葉を入れる時に使用する。

茶船 ツァーツァン
「茶池」ともいい、茶器を置いたり、茶壷を暖めたり、茶杯を洗ったりする。

水盂 スェイウォン
茶殻や、器を温めたお湯、洗茶などに使ったお湯を捨てる器。

茶筒 ツァートン
茶挟や茶匙を置く。

茶通 ツァートン
茶壺に詰まった茶葉をつついて取り除くときに使用する道具。

茶匙 ツァーツゥー
茶水に浮いたアクや茶葉を取る。

茶挟 ツァーチャー
茶壷内の茶葉を取り出し、また暖めた茶杯をつまむ時に使用する。

濾茶網 リゥイツャーワン
茶壺から茶湯を茶海に注ぐときに、茶海の上に乗せて茶滓をろ過するための道具。

聞香杯 ウェーシャンペェー
細長い形は香りを逃さないように、香りを嗅ぐための杯。

飲杯 インペェー
口当たり良く、飲み易いように作られた小さな杯。

茶托 ツァートォウ
茶杯あるいは茶杯&聞香杯を載せる為の物。

茶巾 ツァーチーン
茶布(ちゃふ)ともいい、お湯やお茶のこぼれをふき取ったり、汚れをふき取ったりする布巾。

蓋碗 ガイワン
蓋碗とは、蓋付きの杯。

茶缶 ツァークゥアン
お茶を保存する缶や瓶。

■ 淹れ方・作法

工夫茶 ゴンフウツァー
功夫茶とも呼ぶ。広東省や福建省南部、台湾などに普及している喫茶法。小さな茶壺、小さな茶杯などの「工夫茶器」を使う。

備茶 ベェーツャー
茶缶から茶荷にお茶を移し、事前に用意すること。

賞茶 シァンツァー
茶荷に入れた茶葉を鑑賞すること。

置茶 ツーツァー
茶葉を茶荷から茶壺に入れること。

洗茶 シーツァー
茶葉をさっとお湯は流して捨てます。

沖茶 ツォンツァー
高い位置から茶壺にお湯を溢れるまで注ぎ、蓋を閉め上からお湯をかけ、1分ほど蒸らすこと。

倒茶 タォーツァー
茶壺の茶湯を一滴残さず茶海に注ぎます。

水色 スェーソ
お茶の抽出液の色を指します。

回香 フェーシャン
飲んだお茶の香りが戻ってくる状態。

■ 製造・製法

殺青 シャーチン
摘みとった茶葉に熱を加えて(釜で炒る)酸化酵素を抑える。

揉捻 ロウニェン
酸化を促進させるために茶葉を手や機械でもみ、形を整える。

乾燥 ガンザォウ
高温で茶葉を乾燥させる。

萎凋 ウェイディオ
葉を摘んだ後、室外あるいは室内において晒すことで水分を飛ばし、少し酸化を早める工程。

燻焙 シュンペェー
茶葉の乾燥方法の一つ。燻すことで多少の香りがつく。

初燻 チゥーシュン
2回燻焙するときの一回目。

復燻 フーシュン
再び燻焙する工程。

悶黄 メンファン
水分の残る茶葉を積み重ね、菌で、軽く微生物発酵させる。主に黄茶を作るときの工程。

揺青 ヤォーチン
茶葉を軽く揺り動かし、酸化をゆるやかに促進させる。

転色 チャンソー
茶葉のもつ酸化酵素に最適な環境を作り、それ自体により酸化を進める。

渥堆 ウォーテェイ
後発酵ともいい、水分を含ませた茶葉を積み上げ、菌の力で微生物発酵させる。

青 ホンイーン
殺青の方法の一つ。火であぶることで酸化を止める。

焙 ホンペエー
茶葉の乾燥方法。低温でゆっくり茶葉を乾燥させる。古くはカマドに炭を焚き、灰をかぶせ、その上の竹カゴの中に茶葉を入れ、下から熱風で乾燥させた。

毛茶 マォウツァー
粗茶のこと。完全商品として製茶されたのではなく、その途中で製茶を終える半製品的なもの。あるいは丁寧な製造方法ではなく、簡単に製茶をした製品。形においても綺麗ではなく、含まれる水分も多いのが普通で、変質は早いが、おいしいものもある。